消防設備士 第5類に合格しました

これまで自分の物件の管理用に消防設備士の4、6、7類を取得してきましたが、消防設備士は定期的な講習の受講が義務付けられており、どうせ同じ講習を受けるのであればと、必要性は全くなかったのですが100%趣味で5類も取得することにしました。

5類は4、6、7類のいずれと比べても、テキストや問題集が極端に少ないです。それだけマイナーな資格なんでしょう。受験者も少なかったですね。
ということで、テキストはメインが「5類消防設備士完全攻略 (LICENSE BOOKS)」、サブで「第5類・第6類消防設備士ポイントレッスン (SHINSEI LICENSE MANUAL)」を使いました。「5類消防設備士完全攻略 (LICENSE BOOKS)」の方は資格取得に限らずに丁寧に解説されていますが、試験に合格するだけの目的に対しては少し内容が濃すぎます ^^;  「第5類・第6類消防設備士ポイントレッスン (SHINSEI LICENSE MANUAL)」の方はコンパクトにまとまってはいますが、5類と6類を一冊にまとめているのはちょっと無理があります。どちらも一長一短ですので、両方で勉強してしまうのが合格への早道でしょう。

あと、問題集として「5類消防設備士 精選問題集 (LICENCE BOOKS)」を使いました。
基本的にはこの3冊で一発合格できました。

ただしいずれも共通の消防法規の個所は弱いので、4、6、7類の工藤本で消防法関連は勉強することをお勧めします。さらに言えば、4、6、7類のいずれかを取得するのであれば、先にそちらに挑まれる方が良い教科書が揃っているので理解は早いでしょう。

5類も暗記ノートを作りましたので、参考までにダウンロードできるようにしておきますね。

5類_015類_025類_035類_045類_055類_065類_075類_085類_095類_105類_115類_12

消防設備士 第4類 に合格しました

自分が所有している物件の管理も自分でできるように、消防設備士の第4類を取得しました。残念ながら第4類は実技が1点足らずに1度不合格となりました。そのため、さらに実技対策に問題集を追加しています。

テキストは、定番の「工藤本」とも言われる「スピードマスター 第4類消防設備士 テキスト (国家・資格シリーズ 296)」が上げられます。まずはこれで理論を一通り理解しましょう。
ただし、6類、7類でかなり役立ったゴロ合せシリーズ「ゴロ合せ6類消防設備士試験 (LICENCE BOOKS)」「ゴロ合せ7類消防設備士試験 (License books)」が第4類には出ていないので、6類か7類も取得することを考えている人は先に6類や7類にチャレンジして、ゴロ合わせで覚えられるところは覚えてしまう方が全体としては効率が良いでしょう。

そして、問題集「スピードマスター 第4類消防設備士 問題集 (国家・資格シリーズ 297)」を使って、本番形式で練習します。

ゴロ合わせシリーズがなかったのと、上記問題集では実技が不安だったので、「本試験型 消防設備士4類<甲種・乙種>問題集<甲種・乙種>問題集」も使いました。

この3冊で筆記は満点で、実技が1点不足しただけでしたので、実務で消防設備をいじられている方にはここまでで十分かも知れません。
残念ながら私は1回不合格となってしまいましたので、実技対策の意味もかねて「直前対策! 第4類消防設備士試験 模擬テスト (国家・資格シリーズ 248)」も2回目の受験時には購入しました。結果的には、これで合格につながりました。

6類、7類と同じように暗記用ノートを作成しましたので、ご参考までにダウンロードできるようにしておきますね。
4類は私にとっては覚えることが多く、ページ数も多くなっています。

4類_014類_024類_034類_044類_054類_064類_074類_084類_094類_104類_114類_124類_13
4類_14

消防設備士 第7類 に合格しました

自分が所有している物件の管理も自分でできるように、消防設備士の第7類を取得しました。勉強期間は約1ヶ月半でしたが、テキスト2冊と問題集1冊で1発合格できました。第6類とほぼ同じ方法です。

テキストは、定番の「工藤本」とも言われる「わかりやすい! 第7類消防設備士試験 (国家・資格シリーズ 185)」が上げられます。まずはこれで理論を一通り理解しましょう。第6類では工藤本でもスピードマスターシリーズの方を使いましたが、やはり「わかりやすい」シリーズの方が説明は丁寧ですので、消防設備士を複数狙うのであれば、1つは「わかりやすい」シリーズを持っておくことをお勧めします。

もっとも、以下の問題集と著者が同じなのでもう少し違う視点からのテキストでしっかり理解しておくために「ゴロ合せ7類消防設備士試験 (License books)」も利用しました。このゴロ合わせで暗記はほぼ完璧でした。

そして、問題集「本試験によく出る! 第7類消防設備士問題集 (国家・資格シリーズ 188)」を使って、本番形式で練習します。

この3冊で7類は完璧だと思います。
6類と同じように暗記用ノートを作成しましたので、ご参考までにダウンロードできるようにしておきますね。

7類_017類_027類_037類_047類_057類_06

消防設備士 第6類 に合格しました

自分が所有している物件の管理も自分でできるように、消防設備士の第6類を取得しました。勉強期間は約1ヶ月半でしたが、テキスト2冊と問題集1冊で1発合格できました。

テキストは、定番の「工藤本」とも言われる「スピードマスター 第6類消防設備士 テキスト (国家・資格シリーズ 298)」が上げられます。まずはこれで理論を一通り理解しましょう。

ただし、スピードマスターシリーズは合格スレスレを短期間で狙うための内容ですし、以下の問題集と著者が同じなのでもう少し違う視点からのテキストでしっかり理解しておくために「ゴロ合せ6類消防設備士試験 (LICENCE BOOKS)」も利用しました。これが、思いのほか役立ちました。上のスピードマスターではカバーしきれていない解説もあった上に、このゴロ合わせで暗記はほぼ完璧でした。

そして、問題集「スピードマスター 第6類消防設備士 問題集 (国家・資格シリーズ 299)」を使って、本番形式で練習します。

この3冊で6類は完璧だと思います。
もっとも、日常的に消防に関係していない立場の私としては覚えなくてはならないことが多く、上記のゴロ合わせも使って暗記用ノートを作成しました。
ご参考までにダウンロードできるようにしておきますね。

6類_01 6類_02 6類_03 6類_04 6類_05 6類_06 6類_07 6類_08 6類_09
カテゴリ
スポンサーリンク
プロフィール

ぽんちゃん

Author:ぽんちゃん
20代でエンジニアとしての給与年収1000万円を超え、今はサラリーマンしながら大家もやっています。2007年に結婚して1年間の通い婚/週末婚の後、同居するため2009年に札幌に移住して給料は3分の1になりました(汗)
趣味でFXもやってますが、2009年9月に長男が生まれてからメインの趣味はイクメンです
d(^ー^
札幌在住の40代♂
カミさんはガーデニング会社の女社長で、私より6才年上の年上婚!

最新記事