家庭の事情で予定変更

9月に電験3種を受験する予定でしたが、今年科目合格したとしても、家庭の事情のため来年に再受験できなくなる可能性が高いため、この資格そのものを当面は見送ることにしました。私の技術的な知識・経験の分野である組込み系コントローラーでは電気的な範囲も含まれますので、その知識の裏づけとして取っておきたかったのですが、まあ、カミさんのご機嫌取りが優先です ^^
代わりに、9月の第2週にTOEICがありますので、こちらを受けます。これで、今年後半は英語漬けになります(笑)

まだまだ翻訳家として経験も実力も不足してますので、まずは英語に真正面から取り組みます。現職で2年の経験を積んで、昨年取得した日商ビジネス英検の1級と、これから狙う普通の英検の1級か工業英検の1級を取れれば、どこかの翻訳ハウスの仕事を探すことになっても、門前払いされることはなくなるでしょう。でも、翻訳って、本当にあまり稼げない仕事のようです・・・

あまりの残業のためにITの仕事禁止令がカミさんから出て、昨年に現職の翻訳のポジションへと大きく職種を変えましたが、稼ぐことを考えると、英語ばかりではなくて英語「も」使う仕事へと再度方向転換することを考える必要がありそうです。

英検準1級に合格しました

先日、英検主催者の英語検定協会から封書が届き、準1級に合格したとのことでした。2次試験の面接そのものは悪くはなかったので面接が終わった時点で落ちる気はしてなかったのですが、やはり正式な結果が来るまでは一分の不安がつきまとうものです。結果を受けて、少し安心しました。
この勢いに乗って、10月に受験予定の英検1級の1次も1回で突破したいと思います。

今年の資格取得目標の修正

今年も後半に入り、少々あやふやだった今年の後半の資格取得目標を決めました。

1.英検準1級
2.電験3種(2科目合格)
3.工業英検1級
4.観光英検1級
5.英検1級1次

オフィスが移転するかも知れないという勤務先の状況から、翻訳家としてのメインである英語に集中します。カミさんの仕事を考えたら引越しはできませんし、子供も小さいので単身赴任も無理。となると、どこかの翻訳ハウスに転職する必要が生じる可能性があるためです。
このため、今年は宅建は捨てて、宅建と同日に予定されている英検1級の1次を受験します。ただし、2次が工業英検1次と重なるため、技術系翻訳では重要な工業英検を優先します。勉強時間も工業英検を優先させますので、普通の英検は受かればラッキーというとこですね(笑)

また、上記の仕事上の理由と、家庭の事情から、CBTでいつでも受験できるLPICなどは優先順位を下げ、来年以降に持ち越します。

ちなみに電験はかなり苦戦してます。3種は一番簡単だからと舐めてました。今年1発での合格はちょっと無謀な気がします。が、2科目は合格しておきたいと思います。

エンベデッドシステムスペシャリストを受験しました

日曜に、情報処理技術者のエンベデッドシステムスペシャリストを受験しました。技術系の、しかも組込み系という特殊な分野に特化した内容ですので、受験者のほとんどは男性でした。が、チラホラと若い女性の方も受験していました。あと、かなり年配の男性の方も。。。

2年前に応用情報技術者に合格しましたので、今回までは午前Iが免除です。ですが、集合時間は遅れても良いと受験票にも、受験要綱にも書いてません。おそらく大丈夫とは思いましたが、念のため午前Iの試験に行くと、やはりそんなに早く行く必要はなかった(笑) 基本情報技術者には午前が免除の場合の集合時間が書いてあるのですから、応用/高度の試験についても免除の場合の集合時間を明記して欲しいところです。

試験の方は、さすがに組込み系ソフトウェアの開発現場を離れて3年近く経ちましたので、細かい点はかなりあやふやになってしまってます。それでも、翌日に発表になった午前IIの解答と照らし合わせるとほぼ満点で、午後の論述もとりあえずすべて記述しました。午後の解答と合格発表はほぼ同時ですのでまだまだ何とも分かりませんが、合格できれば良いなあと思います。

まあ、まずは来週末の英検準1級の2次試験、そして9月の電験3種を目指して頑張ります。
カテゴリ
スポンサーリンク
プロフィール

ぽんちゃん

Author:ぽんちゃん
20代でエンジニアとしての給与年収1000万円を超え、今はサラリーマンしながら大家もやっています。2007年に結婚して1年間の通い婚/週末婚の後、同居するため2009年に札幌に移住して給料は3分の1になりました(汗)
趣味でFXもやってますが、2009年9月に長男が生まれてからメインの趣味はイクメンです
d(^ー^
札幌在住の40代♂
カミさんはガーデニング会社の女社長で、私より6才年上の年上婚!

最新記事