日商ビジネス英検1級対策

日商ビジネス英検1級対策について問い合わせがありましたので、一般的な内容については記事にしておきます。

まず、日商ビジネス英検はビジネスの中でも貿易に特化した英検で、英語力半分、貿易の知識が半分、というくらいの知識が問われます。そして1級合格となると、英語力的にはTOEICで800点くらい、貿易については貿易実務検定でC級レベルで十分です。

一応は英語の試験ですので英語力があるというのが前提ですが、TOEIC 700点くらいでも何とかなるでしょう。600点以下の人は、まずTOEICで英語の基礎力を上げてください。

一方で、貿易に特化していますので、貿易の知識なしに英語力だけでカバーするのは無茶です。
もっとも、私も貿易の知識はなかったので、貿易実務検定の対策として貿易について勉強しました。貿易実務検定には英語の科目もあり、これが日商ビジネス英検には大変役立ちました。特に、日商ビジネス英検の3級、2級と貿易実務検定C級は相乗効果が絶大ですので、同時に勉強して両方の資格を取ってしまうことをお勧めします。

そして日商ビジネス英検1級としては、穴埋めか選択(どうだったか記憶が定かではありません。。。)の基本的な知識の問題が3割、7割は英作文だった気がします。英作文の比重が大きいですので、日常的に英語のメールや文書を読み書きしていないと厳しいと思います。TOEICのような選択式のテスト対策しかしたことがない人では歯が立たないでしょう。STEPのいわゆる「英検」1級の英作文よりも、ビジネスでやりとりするような文章を書くことが求められます。ただし、英検ほど英語そのものにこだわる必要はなく、変に難しい単語は使わずに平易で礼節を保った文章でOKだと思います。
また本文の内容もさることながら、日商ビジネス英検3級、2級のテキストでも取り上げている通り、フォーマルな文書としての体裁をビジネスとして通用する書式で書くことまでも求められていると思われます。宛先はどこにどう書くのか、日付はどう書くのか、段落の最初は1文字空けるのか、等など細かい点まで注意しましょう。

あと、制度が変わっていなければ、日商ビジネス英検1級は2日連続で実施されます。当然、問題は違うのですが、2日連続で受けることをお勧めします。1日目で感覚をつかみ、できなかった部分は再チェックして、2日目で合格に挑みましょう。

TOEICとの比較という意味では、日商ビジネス英検はそれほど高い英語力がなくても「1級」の称号を取りやすい試験です。普通の「英検」、観光英検、工業英検などもありますが、まずは日商ビジネス英検で「1級」ホルダーになることをお勧めします。
カテゴリ
スポンサーリンク
プロフィール

ぽんちゃん

Author:ぽんちゃん
20代でエンジニアとしての給与年収1000万円を超え、今はサラリーマンしながら大家もやっています。2007年に結婚して1年間の通い婚/週末婚の後、同居するため2009年に札幌に移住して給料は3分の1になりました(汗)
趣味でFXもやってますが、2009年9月に長男が生まれてからメインの趣味はイクメンです
d(^ー^
札幌在住の40代♂
カミさんはガーデニング会社の女社長で、私より6才年上の年上婚!

最新記事