沖縄を中国に売ろうとしている翁長雄志氏

<リアルインサイト 鳥内浩一 メルマガより転載>

【回答】沖縄を中国に売ろうとしているのは、この人物です。

次の沖縄県知事選候補者の中で、
沖縄を中国に売り渡そうとしている
人物とは誰かについて、
あっさりですが、明かします。

【翁長雄志氏】です。

・翁長氏は、「オールジャパン対オール沖縄」を宣言し、
 本土への宣戦布告を以前から繰り返しています。

・翁長氏は、那覇市長時代に国民の血税である沖縄振興費の
 一部を横領、約20億円をプールし、自分の権力基盤
 の資金源にしました。

・翁長氏は、太子党(中国共産党高級幹部子弟など)
 の中国人と親族関係にあります。

・翁長氏は、習近平のお膝元、中国福州市名誉市民の称号を
 得ており、習近平本人とも30年近くに渡ってただならぬ
 関係を持っています

・翁長氏は、中国文化の象徴とも言える孔子廟を建設
 するため、那覇市の公有地をタダで貸し出しています

・翁長氏は、中国人を歓迎するためのモニュメント建設に
 2億6000万円もの国の税金を投入しています
 (中国では5000万円で建築可能です)

・翁長氏は、那覇市長という立場でありながら、
 天皇皇后両陛下の沖縄ご訪問式典には一切顔を
 出しませんでした

・翁長氏は、オスプレイ反対のリーダー的存在
 として君臨しています(これも端的に言って
 中国の侵略を歓迎するという活動です)

こんな人物が、次の沖縄県知事選で
最有力候補になるなど、普通に考えれば、
有り得ないことです。

---------------------

私も、こんな人物が沖縄知事になっては危険だと思います。
沖縄独立投票も考えているでしょう。
公正に行われればともかく、ここまで中国の息がかかっていると
公正にやる気なんてそもそもないでしょうね。

沖縄もチベットやウイグル、あるいは内モンゴルのように、
もともとの沖縄住民は虐待・虐殺されて、民族浄化されて、
中国人に占領されてしまうのでしょうか。。。

コメント

Secret

No title

>・翁長氏は、中国文化の象徴とも言える孔子廟を建
>設するため、那覇市の公有地をタダで貸し出しています
別に、翁長氏を擁護するわけではありませんが、孔子廟は翁長氏が市長になるよりもだいぶ前に建てられているはずです。

>・翁長氏は、那覇市長時代に国民の血税である沖縄
>振興費の一部を横領、約20億円をプールし、自分の
>権力基盤の資金源にしました。
それが事実なら大変なことです。ぜひともこの情報を警察へ知らせてください。よろしくおねがいします。
(ブログの主さんに言っても仕方ないか、引用なので。)

Re: No title

> 別に、翁長氏を擁護するわけではありませんが、孔子廟は翁長氏が市長になるよりもだいぶ前に建てられているはずです。

なるほど。
そういう事実もあるのですね。

> それが事実なら大変なことです。ぜひともこの情報を警察へ知らせてください。よろしくおねがいします。
> (ブログの主さんに言っても仕方ないか、引用なので。)

はい、私にはそのような証拠はありませんので、言ってもムダです ^^;
しかし、別に翁長氏に限らず、公金を自分の息のかかった利益団体に流すことは政治の世界ではそれほど珍しいことではないと私は思ってます。そしてそれらは法律上は合法なのです。

なにはともあれ、当ブログを読んでいただき、またコメントして下さったことに感謝します。
カテゴリ
スポンサーリンク
プロフィール

ぽんちゃん

Author:ぽんちゃん
20代でエンジニアとしての給与年収1000万円を超え、今はサラリーマンしながら大家もやっています。2007年に結婚して1年間の通い婚/週末婚の後、同居するため2009年に札幌に移住して給料は3分の1になりました(汗)
趣味でFXもやってますが、2009年9月に長男が生まれてからメインの趣味はイクメンです
d(^ー^
札幌在住の40代♂
カミさんはガーデニング会社の女社長で、私より6才年上の年上婚!

最新記事