沖縄の保守派を騙す翁長雄志氏

明後日に迫った沖縄県知事選挙ですが、
県内11市のうち9市の市長を騙して
「オール沖縄」のイメージだけをプロパガンダした翁長氏は
やはり危険だと私は思います。

以下、リアルインサイトのメルマガから転載します。
(ちょっと長いです)

-----------------------

おはようございます。
リアルインサイト 鳥内です。

ここ数日、
今後の日本の命運を握ると言っても
過言ではない沖縄県知事選について、
メールを書き続けてきましたが、

沖縄県民の皆さんに拡散する上で、
より重要な情報が入ってきました。

日本と沖縄の利益を守るために
孤軍奮闘されている「沖縄対策本部」
様からの情報です。

是非拡散をお願いいたします。

まず、そのまま引用しますと、

----------------------------------
11月16日投開票が行われる沖縄県知事選挙で、
最も沖縄県民を騙しているのは、「翁長雄志」です。
----------------------------------

彼は自分のことを「保守本流の政治家」
と言っています。

翁長雄志の父や兄も保守の政治家のため、
特に戦後の沖縄の歴史を知っている人は
信じてしまいがちかもしれません。

彼の理論をざっくりまとめると次のとおりです。

◎「私は保守本流の政治家である。」

◎「日米同盟も自衛隊配備も肯定している。」

◎「しかし、0.6%の沖縄に74%もの米軍専有
基地を沖縄に押し付けるのは差別である。」

◎「危険なオスプレイを沖縄に配備して事故が
 起きたら日米同盟に亀裂が入ってしまう。」

◎「だから、辺野古移設、オスプレイ配備に
 断固反対する。」

つまり、

「日米同盟の重要性は理解した上で
 辺野古移設に反対している。」

というのが翁長雄志のスタンスです。

また、
沖縄のマスコミも翁長雄志を全面的に応援し、
いかにも保守の政治家のような演出を続けて
いるので、それならと、

仲井真知事より若い翁長雄志を支持してしまう
方がかなりの数いることがわかってきました。

地元マスコミと連携した非常に巧みなペテンです。

左翼支持層と共に保守票を集めて選挙に勝とう
という戦略です。

しかし、
これが、明らかに真っ赤な嘘であることを
暴露してしまう集会が9月13日に那覇市で開催
されていました。

「日米安保破棄」を目標にして全国の共産党系の
労働組合などの組織を束ねている団体があります。

文字通り、
「安保破棄中央実行委員会」という名前の団体です。

その団体が、翁長雄志の知事選挙勝利を目指して、
去る9月13日に沖縄県那覇市で「全国代表者会議」
を開催していたのです。

全国の共産党系組織の代表が沖縄に集まって、
翁長雄志の当選に総力をあげる宣言をしたのです。

この事実はマスコミは隠蔽しており絶対に報道しません。

県民に隠された秘密の集会です。

何故なら、翁長雄志が知事になったら
「日米安保破棄の実現」を目指すことが
バレてしまうからです。

<【写真】日米安保破棄を目指す共産党系の統一団体
 の集会でスピーチする翁長雄志>
http://realin.jp/kdz7484/12841

----------------------------------

元記事はこちら
http://realin.jp/kdz7484/22841

翁長氏の主張は、もとより突っ込みどころ
満載ではありますが、

◎「私は保守本流の政治家である。」

◎「日米同盟も自衛隊配備も肯定している。」

などとのたまいながら、

日米安保破棄を目指す団体とつながり、
社民党・共産党などの左翼政党の推薦を
受けている事実は、

嘘の演説によって沖縄県民を騙し、
当選後その本性を表すであろう危険を
事前に教えてくれる何よりの証左です。

ぜひ沖縄県民の皆様に拡散して下さい。


「沖縄対策本部」様は、
さらにこの翁長氏の決定的な二枚舌を
暴いています。

先ほどの引用の通り、

「日米同盟の重要性は理解した上で
 辺野古移設に反対している。」

というのが翁長雄志のスタンスです。

そして昨年1月、

オスプレイ配備撤回と普天間基地の
県内移設断念(辺野古移設反対)を
安倍総理に直訴する「建白書」に

沖縄の市町村全てである41市町村の
首長と議会議長の署名捺印を勝ち取り、

その「オール沖縄」の「建白書」の
理念を実現するために、

今回の県知事選で立候補しました。

しかし、
この「安倍総理直訴行動」を行う際に、
またしても左翼系団体のつながりを
隠していた事実が発覚しています。

沖縄でこの運動を広めるために使われた
ポスターには左翼団体の関わりは一切
書かれていませんが、

東京で使われたチラシには驚くような
連絡先が並んでいました。

その実態
http://realin.jp/kdz7484/32841

沖縄の保守系の首長は、このような
左翼団体が主催する集会やパレードに
参加するとは夢にも思うことなく、

保守系の首長や議長は建白書に署名を
してしまったのです。

つまり、「オール沖縄」という言葉で
保守系首長を騙し、罠にかけるように
東京に連れて行き、無理やり署名・
捺印させたのが建白書なのだという
ことです。

さらに、この建白書そのものがまがい物
であることが明らかになる決定的な証拠が
出て来てしまっています。

それは、この建白書に石垣市長が署名・
押印する際に取り交わした「確認書」です。

その確認書には、

「普天間基地の早期移設と周辺住民への
 危険性の除去を再優先と考えており、
 県内移設の選択肢を否定するものではない。」

つまり、建白書の前提である

県内移設断念(辺野古移設反対)を
覆すことを条件に、この建白書への
合意がなされているのです。

その確認書
http://realin.jp/kdz7484/42841

このことに怒った県内11市のうち9市の
市長が、

「貴殿とは心をひとつにしていない」として、
翁長氏に対して、公開質問状を発表しています。

もう、「オール沖縄」の主張も、破綻です。

元の記事
http://realin.jp/kdz7484/52841

今回は細かいことは言いません。

沖縄県民の皆さん、こんな人物に、
皆さんの未来を委ねていいのでしょうか?

彼が当選したら一体何をやらかすか、
信用できますか?

是非冷静になって考えてみて下さい。


さらに翁長氏が本当はどんな人物か、

翁長氏が当選後に狙っているのは何か、

それを裏から手を引いているのは誰か、

それによってどんな恐ろしい未来が
待っているのかは、ここに書きました。
http://realin.jp/kdz7484/62841

もっと恐ろしい現実を惠先生には
語って頂いています。

それを信じて下さらなくとも
構いません。

それに合意できなくても構いません。

しかし、少なくとも、
こんな嘘で塗り固められた人物を、
首長として選ぶ愚だけは、

犯さないで頂けることを、
心より願っています。

是非この情報、
拡散をお願いいたします。

コメント

Secret

カテゴリ
スポンサーリンク
プロフィール

ぽんちゃん

Author:ぽんちゃん
20代でエンジニアとしての給与年収1000万円を超え、今はサラリーマンしながら大家もやっています。2007年に結婚して1年間の通い婚/週末婚の後、同居するため2009年に札幌に移住して給料は3分の1になりました(汗)
趣味でFXもやってますが、2009年9月に長男が生まれてからメインの趣味はイクメンです
d(^ー^
札幌在住の40代♂
カミさんはガーデニング会社の女社長で、私より6才年上の年上婚!

最新記事