貿易実務検定C級、B級を受験しました

週末に、貿易実務検定のC級とB級を受験してきました。

残念ながら地方都市の札幌では開催していないため、わざわざ東京まで出向いての受験となりました。
地方に住むというのは、何かと不便ですね。

この試験を受けて驚いたのが、試験終了時に主催者から解答が配点も付いて配布されたのです。
でも、考えて見れば、どの資格の試験でも解答はすでに決まっていて、配点も決まっているはずです。こう考えると、なぜ、他の試験ではこのようなシステムになっていないのでしょうか? 資格試験を受けて頂く、という主催者側の姿勢が有るのか無いのか如実に現れていると思います。

帰りの飛行機を待つ間に自己採点してみましたが、B級は完全に準備不足で、だいたい6割程度のできでした。ただ、これなら次回は頑張れば受かりそうという感触も持てました。
C級は9割近く行けたので、まず大丈夫だと思います。

今回の目標は以下の3つでした。
1.C級合格
2.B級英語科目は合格点
3.B級合格
そのうち、1と2は達成できた、というところです。

ただ、貿易実務検定の英語の科目合格(その科目の点数次第で、当該科目の試験が一定期間免除になる制度)はC級だけだったことに気付かず、B級にはそのような特例がないことを受験が終わってから気付きました。
アホですね(笑)

コメント

Secret

お疲れ様です

地震大丈夫ですか?

Re: お疲れ様です

こちら札幌は、幸い被害はありません。
会社は福島や岩手にも営業所があり、社員は全員無事ですが、ビジネスの方は混乱してます。

ゴルフさんの方は大丈夫ですか?

ありがとうございます

こちらは四国なので大丈夫でした。しかし南海地震が近い将来必ず来ると予想されているので怖いです。プレートが今回の震災とは違うので直接は影響はないでしょうが誘発しないとも限りません。紀伊水道で小さい地震が昨日今日起きています。南海地震が起きたら東南海や東海と連動する可能性もあります。そうなると規模は今回と同等です… 僕の家は南海地震が起きると僅か数分で7メートルの津波が来ると予想されているので完璧アウトです。

Re: ありがとうございます

何となくですが、阪神淡路、台湾、四川、インドネシア、、、そして今回の東日本と、環太平洋のアジア周辺でここ数年に発生した巨大地震は連動しているような気がします。こっちのプレートが動いて、そっちのプレートが動いて、それでもって今度はあっちのプレートが動いて、と。
ただ、今回の地震で津波の怖さを見せ付けられたので、今後、大規模な地震が起きてもみんな海沿いから逃げて、津波に飲み込まれるのはかなり防げるのではないでしょうか。
まあ、東海にしろ、南海にしろ、関東~浜松~名古屋の太平洋工業地帯を津波が襲ったら、日本全体が経済的にアウトです
><

いつでも、どんな時でも、自分の状況における最善を尽くすしかないですね。
そんなんで、現時点では、私はまず本業の翻訳者として自立できる(=今の会社以外でも通用する)ように、資格の取得に励みます!
^^

ゴルフさんも、行政書士+α(特定分野の強みとか、集客力とか、、、)を目指して頑張ってください。どこでも食べていける能力を身に付ければ、何があっても、何とかなると思いますよ。
d(^^

確かに

会社がなくなったら自分は取り柄がないですね(笑)行政書士合格したら、二年かけて司法書士というプランも考えています。行政書士はようやく、憲法、民法が終わり行政法という法律に入りました。民法だけなら司法書士の問題なんかも解ける位に仕上がりました。後は会社法、商法、地方自治法、基礎法学、ですが得点配分は低いです。まあ行政法が終わればめどはつきそうです
しかし暗記する事が多い…。難しい年は2パーしか受からないから舐めてると無理です。帰社してから8時→午前2時までやってます(笑)肩こりすぎて奥歯が腫れてます

Re: 確かに

ひたすら暗記というのは、私は苦手ですね ^^;;;
2パーセントの合格率は厳しいですね。頑張ってとしか、私には言いようがありません。
こちらは帰宅後は子供の世話に追われるので、朝5時に起きてます。寝不足で昼間はフラフラしていて、会社の人からは「元気ないね」とよく言われます。「子育てで大変なんですぅ~」とごまかしてますが(笑)
前に「40代の脳は30代の過ごし方で決まる」という話を聞いたことがあります。まあ、年代は何才でも良いのですが、10年後を考えて行動しているか、していないのかが中長期的には歴然と差として生じると私は理解してます。そういう目でみると、会社では実務経験以外に積極的に勉強する人って凄く少ないように思います。
リストラが当たり前の世の中ですので、そういう「その他大勢」の人の意見に惑わされず、対外的に証明できる能力を身に付けていきたいものです。
カテゴリ
スポンサーリンク
プロフィール

ぽんちゃん

Author:ぽんちゃん
20代でエンジニアとしての給与年収1000万円を超え、今はサラリーマンしながら大家もやっています。2007年に結婚して1年間の通い婚/週末婚の後、同居するため2009年に札幌に移住して給料は3分の1になりました(汗)
趣味でFXもやってますが、2009年9月に長男が生まれてからメインの趣味はイクメンです
d(^ー^
札幌在住の40代♂
カミさんはガーデニング会社の女社長で、私より6才年上の年上婚!

最新記事