エンベデッドシステムスペシャリスト合格までの道のり

情報処理技術者試験のエンベデッドシステムスペシャリスト試験に合格しましたが、得点の推移を記録しておきます。

初めて受験したときは、午前Iは応用情報技術者に合格してから2年目だったので免除。
午前IIは96点。
午後Iは58点で不合格。
当然、午後IIは足切りで採点されず。

2回目は午前I免除の期限が切れてしまったので、再度勉強。転職という事情もありましたが、午前Iの免除があるうちに受験しておくべきでした。それでも、88.4点を取れました。
午前IIは72点。
午後Iは前回の結果を受けて猛勉強し、79点!
しかし、午後IIが59点で、1点不足であえなく撃沈。少し自信もあったので、ちょっと落ち込みました。

3回目は、前回の午前Iが高得点だったので、午前I免除。こんな特典があったのですね。午前I対策の勉強をしなくて済むのは、時間を捻出する上でかなり楽でした。
午前IIは76点。前回から10点近く下がって、ちょっと凹みました。
でも午前は、午後の採点につなぐためのステップでしかありません。足切りにさえあわなければ良いのです! 満点は必要ありません。今年は特にちょっと新しいタイプの問題が多く、難しかったという声が会場のあちこちの会話で聞こえました。が、4分の1の問題を捨てても75点。それから1割ミスっても68点。それくらいを狙えば十分でしょう。
午後Iは61点。こちらも前回から20点近く下がったので、ちょっとショックでした。
でも、午後IIも61点で、合格! はい、受かればなんでも良いのです!(笑)

コメント

Secret

カテゴリ
スポンサーリンク
プロフィール

ぽんちゃん

Author:ぽんちゃん
20代でエンジニアとしての給与年収1000万円を超え、今はサラリーマンしながら大家もやっています。2007年に結婚して1年間の通い婚/週末婚の後、同居するため2009年に札幌に移住して給料は3分の1になりました(汗)
趣味でFXもやってますが、2009年9月に長男が生まれてからメインの趣味はイクメンです
d(^ー^
札幌在住の40代♂
カミさんはガーデニング会社の女社長で、私より6才年上の年上婚!

最新記事