C言語プログラミング能力検定1級対策 -その3:その他

C言語プログラミング能力検定1級の受験対策として、気付いたことをメモしておきます。

1.コーディング品質の無視
試験では、コーディング品質は採点の対象になっていないようです。過去問の解答例もスパゲティコードです。
この試験に合格する、という目標に限ってはコーディング品質は無視しましょう。
仕様通り動作すれば合格には十分です。

2.変更仕様は第1問だけ
変更仕様書の記述も採点されますが、配点は10点程度のはずで、まずは動作するプログラムを作れているかどうかが問われます。ですので、仕様書の作成は後回しにする方が良いでしょう。
そして試験では2問出題されますが、傾向として1問目の方が簡単で、2問目の方が複雑です。よって、仕様書も1問目を優先し、2問目の仕様書は時間が余ったら書けば良いと割り切りましょう。
ただし、この試験で求められる仕様書もかなり特殊ですので、過去問の仕様書は一度書き写してみることもオススメします。

3.コンパイル設定
この試験では旧ボーランドのCコンパイラを利用しますが、bcc55/binのフォルダにbcc32.cfgとして以下の内容を記述します。

-I"C:\Borland\BCC55\Include"
-L"C:\Borland\BCC55\Lib"

インクルードファイルとライブラリファイルのディレクトリ設定です。また、環境変数のPATHに

C:\Borland\BCC55\Bin

を追加します。
これで、コンパイル&リンクが簡単になります。

4.試験会場のパソコンの設定確認
試験会場には少し早めに入り、コンパイル環境が整っているか確認します。まずは、適当にフォルダを作り、そこで簡単なCプログラムを作成します。

#include "stdio.h"

int main( void )
{
printf("hello\n");
}

これがそのフォルダ内でコンパイルして、コマンドプロンプト上で動作できる確認します。上記3の設定などが必要になるでしょう。また、.h、.cファイルをダブルクリックしたらメモ帳で開くようにしておくことも効果的です。


5.文字列操作
strlen、strcmp、strcatといったstr***系の文字列操作関数は使えるようにしておきましょう。
普通のC言語プログラムではあまり使わないかも知れませんが、この試験では文字列操作がまず間違いなく求められます。


こんなところでしょうかね。
それほど高度なスキルが求められている訳ではありませんので、C言語を扱っているプログラマーやエンジニアはサクッと合格を狙えます。

コメント

Secret

カテゴリ
スポンサーリンク
プロフィール

ぽんちゃん

Author:ぽんちゃん
20代でエンジニアとしての給与年収1000万円を超え、今はサラリーマンしながら大家もやっています。2007年に結婚して1年間の通い婚/週末婚の後、同居するため2009年に札幌に移住して給料は3分の1になりました(汗)
趣味でFXもやってますが、2009年9月に長男が生まれてからメインの趣味はイクメンです
d(^ー^
札幌在住の40代♂
カミさんはガーデニング会社の女社長で、私より6才年上の年上婚!

最新記事